ガンダムseed パチンコ ひどい

RAKUS Developers Blog | ラクス エンジニアブログ

株式会社ラクスのITエンジニアによる技術ブログです。

Terraformでコード化した振り返り

こんにちは。 前回はAWSの既存環境をTerraformでコード化してみたを投稿しましたが、
今回はその振り返りをしていきます。

前半はTerraformの基本的なところから、少し躓いたについて書いていきます。
これからTerraformでコード化していく方の助けになれればと思います。
後半は今回のコード化を通しての個人的な感想を書いていきます。

1.目次

  • 1.目次
  • 2. terraformコマンド
  • 3. コード
  • 4. コード化を通して
  • 5. 終わりに
  • 6. 参考
続きを読む

生成AIを業務利用して感じたこと、これから意識したいこと

はじめに

こんにちは、サーバサイドエンジニアの rakusksato です
2023年皆さんにとって1番のトピックは何だったでしょうか?
個人的には生成AIの登場、主にChatGPTGitHub Copilotでした。

スでは、生成AIを積極的に業務へ取り入れています。
今回は約1年間、生成AIを業務利用してみて感じたことを対話型AIGitHub Copilotについてそれぞれ分けて話していきたいと思います。

  • はじめに
    • 対話型AI(ChatGPT, Copilot Chat, Bing, Bardなど)
      • 漠然としたアから具体的なアウトプットを高速に生成できる
      • 壁打ち相手として、質問者の認識外の回答も提供
      • これらをふまえて、
      • (1):答えを教えてください
      • 例えば、
      • ただし、
      • (2):どんなアプローチがあるか教えてください
      • 結論
    • Copilot
      • 例えば、
      • 品質について
      • 例えば、
      • 以下の通り改修
      • 結果
    • まとめ
続きを読む

WSL2+Docker でISUCONの問題に挑戦しよう!

こんにちは、あるいはこんばんは。だいたいサーバサイドのエンジニアの()です☆

もうあと1か月でISUCON13ですね!お祭りですね!

という事で、今日は上でISUCONの環境を構築して、是非練習してもらえたらなと記事を書きました!

これを参考にしながら是非、みなさんもトライしてみてください!

  • 読者ターゲット
  • 前書き
    • 手順1:Docker Composeを使えるようにする(Rancher Desktopのインストール)
    • 手順2:WSL2( 22.04)を準備する
    • 手順3:WSL2上でdockerのプロセス操作が出来るようにする
      • Integrationsにが表示されない方
    • 手順4:のセットアップ
    • 手順5:ISUCON11の環境構築
      • ISUCON11をforkする
      • ISUCON11のclone~起動まで
      • ISUCON11を触ってみる
        • が解決出来ないって人!
  • 最後に
  • 参考記事等
続きを読む

【React】tanstack table + MUIでチェックボックス付きのテーブルを作る

はじめに

こんにちは。フロントエンド開発課に所属している新卒1年目のm_you_sanと申します。
実務でtanstack tableを使う機会があり、便利に感じたので紹介させていただきます。
目次は以下の通りです。

  • はじめに
  • tanstack tableとは
  • 使い方
    • サンプルデータの用意
    • カラムの定義
    • テーブルオブジェクトの作成
    • テーブルの表示
    • の状態管理
    • 行の削除
  • まとめ
続きを読む

PHP Conference 2023【参加レポート】

はじめに

メールディーラー開発課のyamamuuuです。
2023/10/08(日)に Conference 2023が完全オフラインで開催されました。

スはシルバースポンサーとして協賛し、エンジニア4名が登壇した他、初のブース出展を行いました。
本ブログではイベントの参加レポートと、スからの登壇者本人によるレポートに加え、ブースやイベントの様子もお届けします。

もくじ

  • はじめに
  • もくじ
    • 参加レポート
      • 型安全なテンプレートエンジンを構築する
      • Webアプリケーションのパフォーマンス・チューニングの勘所
      • 25分で理解する!の魅力とその実践的活用法
      • PHP8.2から見る、2つの配列
      • RubyVM を で実装する〜 を出力するまで〜
      • 普段のプロジェクト開発で当たり前すぎてあまり目立たないComposer良いところを褒めに褒めまくるLT
      • readonly class で作る堅牢なアプリケーション
      • スケーラブルサービス――に成長するシステムに不可欠な要素
    • スからの登壇セッションのご紹介
      • 略語クイズ
      • ノンのレガシープロダクトを、Laravelに"載せる"実装戦略と、その後の世界
      • 既存コードベースにも_CodeSnifferを導入して楽したい!
      • 環境整備~みんながテストを書ける環境へ~
      • クロージング
  • ス初のブース出展
  • 来場者配布物封入の儀
  • まとめ
  • PHPerのためのコミュニティ PHPTechCafe
続きを読む

【感想戦】SRE NEXT 2023にラクスSRE課で参加しました

SRE課の飯野です。
去る2023/9/29(金)、『』が開催されました。
弊社SRE課からも6名が現地参加し、熱量あふれるたくさんのセッションを肌で体感してきました。

本ブログでは、SRE NEXT参加後にメンバーで実施したの内容をお届けします。

目次

続きを読む

Prometheusを超える? VictoriaMetricsの魅力とは

顔の濃さが唯一ののインフラエンジニア、m_yamaです。15カ月ぶり2度目の登場です。

去年、スで先行技術検証を行っている「技術推進プロジェクト」で取り組んだ「スケーラブルな監視システム」について、1年たっぷり寝かせた熟成リリースとなります。お目汚し失礼いたします。

  • VictoriaMetricsとは?
  • VictoriaMetricsのメリット・デメリット
    • VictoriaMetricsのメリット
    • VictoriaMetricsのデメリット
  • VictoriaMetricsの導入方法
    • 1. VictoriaMetricsの構築
    • 2. 監視対象にexporterをインストール
    • 3. vmagentのセットアップ
  • VictoriaMetricsの活用事例
    • (colopl)の場合
    • の場合
    • の場合
  • VictoriaMetricsでログは見れないの?
  • まとめ
続きを読む
Copyright © RAKUS Co., Ltd. All rights reserved.
k8カジノウーバーラッキーカジノゴールドラッシュカジノ賭けっ子リンリンアルゴカジノ